1.重度の歯周病を精密審美義歯にて修復

症例
BPS精密審美義歯
年代
40代
性別
男性

治療前

元々部分入れ歯を入れておられましたが、重度の歯周病で残りの歯もぐらぐらになってしまい、総入れ歯を希望して来院されました。

まだお若い方で、お仕事もされておられた為、歯がない期間がないように、歯を抜いたその日に仮歯を入れて頂き、その後歯肉の治り具合に併せて入れ歯を作り直しました。

治療後

若い男性だった為、入れ歯と分からないような入れ歯を希望されたたため、精密審美義歯にて対応しました。
歯肉の毛細血管まで再現した、職人技の審美義歯です。
治療前より若返られ、奥歯までしっかり咬めるようになっていただけました。

「治療費用」

抜歯後の仮歯、リハビリ用の仮歯、最終の精密審美義歯 総額 250万円

「起こりうるリスクやデメリット」

多数の歯の抜歯を伴う治療であるため、全身疾患をお持ちの患者様の場合は、担当の内科医との相談の上治療を行う必要があります。グラグラの歯を抜歯して精密な入れ歯を入れるため、よく噛めるようにはなりますが、入れ歯を入れた初期の頃は、違和感や発音の問題が起こる場合があります。治療が進むに当たり、微調整を繰り返し、そのような問題は解消していきます。

2.噛み合わせのズレと重度の虫歯を、精密審美義歯にて修復

症例
BPS精密審美義歯
年代
60代
性別
女性

治療前

他院にて5年以上ずっと治療に通われていたそうですが、一向によくならず、なかなか噛めるようにならないとのことで、当院にお越し下さいました。お顔に対して真っすぐに撮影した写真ですが、噛み合わせの平面もかなり歪んでおり、残っている歯も全て重度の虫歯でした。

治療後

重度の虫歯を抜歯して、噛み合わせの平面を整え、BPS精密入れ歯にて全体的にしっかりと噛めるように改善致しました。歪んだ噛み合わせでずっと我慢されていたので、顎の位置のズレが非常に大きかったため、リハビリ用の入れ歯にて、歯茎の回復と同時に、顎の筋肉とズレの回復を促すリハビリ用の入れ歯にて治療致しました。回復したところで最終の精密入れ歯を入れて頂き、噛み合わせだけでなく見た目も非常に若返って頂き、とてもよく咬めるようになったと喜んで下さいました。

「治療費用」

抜歯後の仮歯、リハビリ用の仮歯、最終の精密審美義歯 総額 320万円

「起こりうるリスクやデメリット」

多数の歯の抜歯を伴う治療であるため、全身疾患をお持ちの患者様の場合は、担当の内科医との相談の上治療を行う必要があります。グラグラの歯を抜歯して精密な入れ歯を入れるため、よく噛めるようにはなりますが、入れ歯を入れた初期の頃は、違和感や発音の問題が起こる場合があります。治療が進むに当たり、微調整を繰り返し、そのような問題は解消していきます。

3.重度の歯周病と虫歯を、精密義歯及びセラミッククラウンにて修復

症例
精密部分入れ歯
年代
50代
性別
女性

治療前

元々部分入れ歯を入れておられましたが、重度の歯周病で残りの歯もぐらぐらになってしまい、総入れ歯を希望して来院されました。
まだお若い方で、お仕事もされておられた為、歯がない期間がないように、歯を抜いたその日に仮歯を入れて頂き、その後歯肉の治り具合に併せて入れ歯を作り直しました。

治療後

上の歯は奥歯を抜いて精密入れ歯にて対応し、下の奥歯は虫歯治療の為、金属の被せ物を除去して、歯の神経の治療も行い、セラミックの被せ物にて噛み合わせを改善しました。下の前歯はマイクロスコープにて精密に虫歯を詰めていきました。お顔も劇的に若返られ、奥歯までよく咬めるようになって頂けました。

「治療費用」

抜歯後の仮歯、リハビリ用の仮歯、最終の精密義歯 左下インプラント セラミッククラウン治療 総額 420万円

「起こりうるリスクやデメリット」

多数の歯の抜歯を伴う治療であるため、全身疾患をお持ちの患者様の場合は、担当の内科医との相談の上治療を行う必要があります。グラグラの歯を抜歯して精密な入れ歯を入れるため、よく噛めるようにはなりますが、入れ歯を入れた初期の頃は、違和感や発音の問題が起こる場合があります。治療が進むに当たり、微調整を繰り返し、そのような問題は解消していきます。左下にはインプラント治療を行なっており、外科処置であるため、若干の痛みや腫れが起こる場合があります。

4.インプラントを全て撤去して精密義歯にて修復

症例
BPS精密入れ歯インプラント撤去
年代
60代
性別
女性

治療前

他院にて3年間の治療期間を経て、上下に合計15本ものインプラント治療を受けられた患者様ですが、全く咬めない上に食後に食べ物が口の中にはさまって仕方がないので、全て撤去して上下総入れ歯にして欲しいという御要望で来られた患者様です。全てのインプラントの被せ物を撤去する事が非常に困難で、はずして即時に入れ歯を入れる事も難しく、入れ歯専門技工士とインプラント担当技工士と綿密な計画を立てて、治療をスタート致しました。

インプラント除去後

治療後

インプラント撤去後すぐに治療用の仮の入れ歯を入れて、噛み合わせと筋肉のリハビリを行いました。インプラントのため何度も外科処置をされている非常に薄い歯肉で、安定するまで時間はかかりましたが、最終的には上下非常に快適に食事して頂けるようになり、見た目もとても若返って頂くことができました。
入れ歯の下にインプラントがあるため、入れ歯の強度を出す為にメタルプレートとメタルトゥースにて対応しております。

「治療費用」

インプラント撤去後の仮歯、リハビリ用の仮歯、最終の精密審美義歯(メタルプレート、メタルトゥース) 総額 350万円

「起こりうるリスクやデメリット」

仮の入れ歯治療によるリハビリテーションによって、よく噛めるようにはなりますが、入れ歯を入れた初期の頃は、違和感や発音の問題が起こる場合があります。治療が進むに当たり、微調整を繰り返し、そのような問題は解消していきます。

5.重度の歯周病と虫歯を、精密義歯修復にて修復

症例
BPS精密入れ歯
年代
40代
性別
男性

治療前

若い頃からずっと歯が悪く、虫歯や歯周病でずっと歯医者に通い続けておられたという患者様です。口腔内の崩壊度合いも著しく、残っている全ての歯が重度の歯周病で、抜歯して精密入れ歯を装着することになりました。

治療後

噛み合わせの歪みも大きく、お顔の表情筋の歪みも大きかったのですが、1回目の仮歯でじっくりリハビリを行ったため、お顔の表情や、口角の上がり方も劇的に回復され、何でもよく食べられるようになって頂くことができました。

「治療費用」

抜歯後の仮歯、リハビリ用の仮歯、最終の精密審美義歯 総額 210万円

「起こりうるリスクやデメリット」

多数の歯の抜歯を伴う治療であるため、全身疾患をお持ちの患者様の場合は、担当の内科医との相談の上治療を行う必要があります。グラグラの歯を抜歯して精密な入れ歯を入れるため、よく噛めるようにはなりますが、入れ歯を入れた初期の頃は、違和感や発音の問題が起こる場合があります。治療が進むに当たり、微調整を繰り返し、そのような問題は解消していきます。

6.重度の歯周病を精密義歯にて修復

症例
BPS精密入れ歯
年代
50代
性別
女性

治療前

長い間ずっと我慢してこられたようですが、下の歯がもうグラグラでまともに食事することができないということで、来院下さった患者様です。重度の歯周病だった為、抜歯して精密入れ歯にて対応致しました。

治療後

1回目の仮歯からすぐに調子よく咬めるようになって頂くことができ、表情筋のリハビリにも積極的にご協力頂けたので、お顔の表情も豊かになられ、とても明るい笑顔を作って頂くことができました。

「治療費用」

抜歯後の仮歯、リハビリ用の仮歯、最終の精密審美義歯 総額 160万円

「起こりうるリスクやデメリット」

多数の歯の抜歯を伴う治療であるため、全身疾患をお持ちの患者様の場合は、担当の内科医との相談の上治療を行う必要があります。グラグラの歯を抜歯して精密な入れ歯を入れるため、よく噛めるようにはなりますが、入れ歯を入れた初期の頃は、違和感や発音の問題が起こる場合があります。治療が進むに当たり、微調整を繰り返し、そのような問題は解消していきます。

7.噛めない入れ歯を精密義歯にて修復

症例
BPS精密入れ歯
年代
60代
性別
女性

治療前

長年合ない入れ歯をずっと我慢して使ってこられた患者様で、食事の時に動いて痛い、歯が歪んでいて恥ずかしいなどたくさんのお悩みを抱え、来院されました。残っている歯がすれ違うような形になってしまっており、全ての歯に大きな動揺があり、重度の歯周病もあったので、精密入れ歯にて対応することになりました。

治療後

治療に対して非常に前向きに、積極的にこちらが御提案したリハビリにも取り組んで下さったので、1回目の仮歯から安定し、食事も少しずつ食べられる範囲が広がっていき、お顔もとても若返り、明るい笑顔になって下さいました。

「治療費用」

抜歯後の仮歯、リハビリ用の仮歯、最終の精密審美義歯 総額 160万円

「起こりうるリスクやデメリット」

多数の歯の抜歯を伴う治療であるため、全身疾患をお持ちの患者様の場合は、担当の内科医との相談の上治療を行う必要があります。グラグラの歯を抜歯して精密な入れ歯を入れるため、よく噛めるようにはなりますが、入れ歯を入れた初期の頃は、違和感や発音の問題が起こる場合があります。治療が進むに当たり、微調整を繰り返し、そのような問題は解消していきます。

8.噛めない入れ歯とインプラントを、精密義歯にて修復

症例
BPS精密入れ歯
年代
50代
性別
女性

治療前

他院にてインプラント治療と、総入れ歯治療を受けられたのですが、歯が動いて咬めない、インプラントの周りが腫れて痛い、などのお悩みを抱えて来院されました。お顔の引きつりが非常に強く、かなり咬みにくい状況で無理をして食事をされている事がうかがえました。

治療後

インプラントを清掃しやすい構造のキャップに交換し、インプラントを利用しない形で総入れ歯を作り直しました。骨格が非常に特徴があり、入れ歯専門技工士と何度も調整を繰り返して、お顔とのバランスを整え、リハビリを仮歯にて行って頂きました。安定した所で最終的な入れ歯へと作り替え、お顔のバランスや引きつりもとれ、非常に明るい笑顔になって頂くことができました。

「治療費用」

抜歯後の仮歯、リハビリ用の仮歯、最終の精密審美義歯 総額 210万円

「起こりうるリスクやデメリット」

多数の歯の抜歯を伴う治療であるため、全身疾患をお持ちの患者様の場合は、担当の内科医との相談の上治療を行う必要があります。グラグラの歯を抜歯して精密な入れ歯を入れるため、よく噛めるようにはなりますが、入れ歯を入れた初期の頃は、違和感や発音の問題が起こる場合があります。治療が進むに当たり、微調整を繰り返し、そのような問題は解消していきます。

9.重度の歯周病を精密義歯にて修復

症例
BPS精密入れ歯
年代
50代
性別
男性

治療前

歯が全体的にぐらついていて咬めない、食事もほとんど丸呑みになってしまっているというお悩みを抱え来院されました。重度の歯周病が進行しており、虫歯の進行も重度であったため、精密入れ歯にて対応しました。

治療後

奥歯までしっかりと咬める歯がはいったので、咬む筋肉も徐々に回復され、何でも食べられるようになって頂くことができました。口元やお顔全体としても非常にすっきりと綺麗になられ、とても明るい笑顔になって頂くことができました。

「治療費用」

抜歯後の仮歯、リハビリ用の仮歯、最終の精密審美義歯 総額 230万円

「起こりうるリスクやデメリット」

多数の歯の抜歯を伴う治療であるため、全身疾患をお持ちの患者様の場合は、担当の内科医との相談の上治療を行う必要があります。グラグラの歯を抜歯して精密な入れ歯を入れるため、よく噛めるようにはなりますが、入れ歯を入れた初期の頃は、違和感や発音の問題が起こる場合があります。治療が進むに当たり、微調整を繰り返し、そのような問題は解消していきます。

10.歯科恐怖症を伴う重度の歯周病を、精密義歯にて審美的に修復

症例
BPS精密入れ歯
年代
40代
性別
女性

治療前

長年歯のことで悩まれ、また過去の怖い歯医者さんのトラウマがあり、歯科恐怖症となってしまわれ、一大決心にて当院にお越し下さった患者様です。重度の歯周病で残っている歯もグラグラされており、精密入れ歯にてい対応致しました。

治療後

長年口元を隠して生活されていたので、咬む筋肉の回復や、表情筋のリハビリも徐々に回復させていく治療となりましたが、最終的には硬い物でも食べられるようになり、自然に歯を見せて笑って頂けるようになりました。

「治療費用」

抜歯後の仮歯、リハビリ用の仮歯、最終の精密審美義歯 総額 210万円

「起こりうるリスクやデメリット」

多数の歯の抜歯を伴う治療であるため、全身疾患をお持ちの患者様の場合は、担当の内科医との相談の上治療を行う必要があります。グラグラの歯を抜歯して精密な入れ歯を入れるため、よく噛めるようにはなりますが、入れ歯を入れた初期の頃は、違和感や発音の問題が起こる場合があります。治療が進むに当たり、微調整を繰り返し、そのような問題は解消していきます。

11.重度の歯周病を精密義歯にて、審美的によく噛めるように修復

症例
BPS精密入れ歯
年代
40代
性別
女性

治療前

長年歯周病に悩んでおられ、少しずつ自分の歯が自然に抜け落ちていってしまうので、ついに覚悟して入れ歯治療を受けられるため来院された患者様です。全ての歯がもう今にも抜けてしまいそうなくらいグラグラで、抜歯してすぐに仮歯を入れ、歯茎の回復を待つと共に、咬む筋肉のリハビリや歪んでしまった顎の位置の補正を行っていきました。

治療後

治療は非常にスムーズに進み、1回目の仮歯から噛み合わせも、見た目も大きく回復され、食事される幅もどんどん広がっていかれました。最終的には自然な笑顔で、お食事も躊躇する事なく何でも食べて頂けるようになりました。

「治療費用」

抜歯後の仮歯、リハビリ用の仮歯、最終の精密審美義歯 総額 210万円

「起こりうるリスクやデメリット」

多数の歯の抜歯を伴う治療であるため、全身疾患をお持ちの患者様の場合は、担当の内科医との相談の上治療を行う必要があります。グラグラの歯を抜歯して精密な入れ歯を入れるため、よく噛めるようにはなりますが、入れ歯を入れた初期の頃は、違和感や発音の問題が起こる場合があります。治療が進むに当たり、微調整を繰り返し、そのような問題は解消していきます。

12.噛めない入れ歯をBPS精密義歯にて修復

症例
BPS精密入れ歯
年代
60代
性別
男性

治療前

長年合わない入れ歯を大量の安定剤を使ってなんとか使用されていた患者様で、残っていた歯もとうとうグラグラになってきたので、入れ歯の作り替えを希望され、大きな決心で来院して下さいました。

治療後

非常に咬む力が強い方で、顎の動きもワイドな方の為、入れ歯の安定に時間がかかるかと思いましたが、治療そのものは非常にスムーズに進めることができ、入れ歯専門技工士立ち会いのもと、審美的にも満足頂ける入れ歯を作ることができました。

「治療費用」

抜歯後の仮歯、リハビリ用の仮歯、最終の精密審美義歯 総額 210万円

「起こりうるリスクやデメリット」

多数の歯の抜歯を伴う治療であるため、全身疾患をお持ちの患者様の場合は、担当の内科医との相談の上治療を行う必要があります。グラグラの歯を抜歯して精密な入れ歯を入れるため、よく噛めるようにはなりますが、入れ歯を入れた初期の頃は、違和感や発音の問題が起こる場合があります。治療が進むに当たり、微調整を繰り返し、そのような問題は解消していきます。

13.噛めない入れ歯を精密義歯にて修復

症例
BPS精密入れ歯
年代
60代
性別
女性

治療前

長年合ない入れ歯を我慢して使っておられ、とうとうその入れ歯も割れてしまったので、不安を抱えながら当院にお越し下さった患者様です。噛み合わせのズレも大きく、残っている歯の虫歯も心境状況も深刻でした。

治療後

治療に対して非常に深い理解を示して下さり、長時間の治療にも積極的に通院して下さったので、最終的には非常に明るい笑顔と、何でも迷わず食事をして頂けるようになりました。咬む力がお強い方だったので、入れ歯の破折防止のため、メタルプレートの補強を施しております。

「治療費用」

抜歯後の仮歯、リハビリ用の仮歯、最終の精密審美義歯 総額 230万円

「起こりうるリスクやデメリット」

多数の歯の抜歯を伴う治療であるため、全身疾患をお持ちの患者様の場合は、担当の内科医との相談の上治療を行う必要があります。グラグラの歯を抜歯して精密な入れ歯を入れるため、よく噛めるようにはなりますが、入れ歯を入れた初期の頃は、違和感や発音の問題が起こる場合があります。治療が進むに当たり、微調整を繰り返し、そのような問題は解消していきます。

14.重度の歯周病で顎が強く吸収した状態を、精密義歯にて修復

症例
BPS精密入れ歯
年代
50代
性別
男性

治療前

全体的な重度な歯周病と、左下の顎が見えないくらいの骨の吸収がある患者様で、何軒もの歯医者さんで治療することができないと断られた患者様です。レントゲンでも今にも折れてしまいそうなくらい、左下の骨の吸収が著しかったので、非常に難易度の高い入れ歯治療となりました。

治療後

精密入れ歯にて、技工士立ち会いのもと何度も型取りを繰り返し、顎の形にフィットした左右の非対称が強い入れ歯となりましたが、最終的には審美的にも満足して頂くことができ、安定剤を使わなくてもなんでも食事して頂くことができるようになられました。

「治療費用」

抜歯後の仮歯、リハビリ用の仮歯、最終の精密審美義歯 総額 210万円

「起こりうるリスクやデメリット」

多数の歯の抜歯を伴う治療であるため、全身疾患をお持ちの患者様の場合は、担当の内科医との相談の上治療を行う必要があります。グラグラの歯を抜歯して精密な入れ歯を入れるため、よく噛めるようにはなりますが、入れ歯を入れた初期の頃は、違和感や発音の問題が起こる場合があります。治療が進むに当たり、微調整を繰り返し、そのような問題は解消していきます。

15.重度の歯周病を精密義歯修復 及びセラミック、精密部分入れ歯にて審美的に修復

症例
BPS精密入れ歯 精密部分入れ歯 セラミッククラウン修復
年代
40代
性別
女性

治療前

全体的な重度の歯周病で、歯茎全体から出血と排膿が止まらない状況で、非常にお困りになられ来院されました。上は精密入れ歯にて対応し、下の歯は顕微鏡下において歯周病改善のためのオペを行い、セラミックのブリッジと部分入れ歯にて治療致しました。

治療後

とても大変な治療ではありましたが、毎回長時間の治療にも理解を示し、一生懸命通院して下さったので、治療もスムーズに短期間で終了することができました。見た目もとても若返って頂くことができ、奥歯でしっかりとお食事して頂けるようになりました。

「治療費用」

抜歯後の仮歯、リハビリ用の仮歯、最終の精密審美義歯 総額 350万円

「起こりうるリスクやデメリット」

多数の歯の抜歯を伴う治療であるため、全身疾患をお持ちの患者様の場合は、担当の内科医との相談の上治療を行う必要があります。グラグラの歯を抜歯して精密な入れ歯を入れるため、よく噛めるようにはなりますが、入れ歯を入れた初期の頃は、違和感や発音の問題が起こる場合があります。治療が進むに当たり、微調整を繰り返し、そのような問題は解消していきます。
今回の治療は下の前歯を保存しましたので、治療後の定期的なメンテナンスクリーニング、および日々のセルフケアにつきましても、患者様のご協力をが必要となります。

16.重度の歯周病を精密入れ歯にて修復した治療

症例
BPS精密入れ歯
年代
50代
性別
女性

治療前

全ての歯が金属の被せ物でブリッジになっておられ、また重度の歯周病が進行されておられたので、治療中に自然に歯が抜けてしまわれるような状況で来院されました。ご家族も非常に心配されていたので、恐る恐るの治療スタートでした。

治療後

じっくりとカウンセリングを繰り返し、こちらの御提案した治療計画にも理解を示して下さったので、実際に治療が始まりますと、1回目の仮歯からお食事もして頂けるようになり、お口もとも若かりし頃の表情に回復して頂けることができ、とてもお喜び頂くことができました。

「治療費用」

抜歯後の仮歯、リハビリ用の仮歯、最終の精密審美義歯 総額 210万円

「起こりうるリスクやデメリット」

多数の歯の抜歯を伴う治療であるため、全身疾患をお持ちの患者様の場合は、担当の内科医との相談の上治療を行う必要があります。グラグラの歯を抜歯して精密な入れ歯を入れるため、よく噛めるようにはなりますが、入れ歯を入れた初期の頃は、違和感や発音の問題が起こる場合があります。治療が進むに当たり、微調整を繰り返し、そのような問題は解消していきます。

17.歯科恐怖症による重度の虫歯を、精密入れ歯にて修復した治療

症例
BPS精密入れ歯
年代
40代
性別
女性

治療前

若いときのトラウマがきっかけで歯科恐怖症となられ、全体的な重度の虫歯を患っておられ、口元も隠されながらの治療スタートでした。重度の歯周病も進行していたので精密入れ歯で対応致しました。

治療後

恐怖心を頂きながらも、こちらの御提案した治療計画に理解を示して下さり、治療が始まってからは非常にスムーズにことが進み、最終的には奥歯でしっかりと咬んで頂けるようになり、口元もとても綺麗になって頂くことができました。

「治療費用」

抜歯後の仮歯、リハビリ用の仮歯、最終の精密審美義歯 総額 210万円

「起こりうるリスクやデメリット」

多数の歯の抜歯を伴う治療であるため、全身疾患をお持ちの患者様の場合は、担当の内科医との相談の上治療を行う必要があります。グラグラの歯を抜歯して精密な入れ歯を入れるため、よく噛めるようにはなりますが、入れ歯を入れた初期の頃は、違和感や発音の問題が起こる場合があります。治療が進むに当たり、微調整を繰り返し、そのような問題は解消していきます。

18.歯の破折やインプラント治療による噛み合わせのズレを、精密審美入れ歯にて修復した治療

症例
BPS精密審美義歯
年代
60代
性別
男性

治療前

6年間近くの歯医者さんに通い続けいているが、一向に治療が終わらない、治療しながら他の歯がどんどん壊れていく、なんとか安定した状態にしてほしいという御要望で来て下さった患者様です。咬む平面がかなり乱れており、インプラントもたくさん植えられていたのですが、ほとんどの歯が割れてしまっていました。

治療後

割れてしまっている歯やインプラントを撤去して、上下BPS精密入れ歯にて対応致しました。非常に咬む力がお強い方で、咬む筋肉の変位やこわばりが強かったため、歯を抜いてすぐにリハビリ用の入れ歯を入れて頂き、咬む平面や顎の位置の改善を行いました。発音や、食事、噛み合わせの安定を待ったところで、最終の精密入れ歯へと進みました。見た目も非常に若返って頂き、顔の筋肉の変位も改善され、痛いところや咬みにくいところもなくなったと喜んで下さいました。

「治療費用」

抜歯後の仮歯、リハビリ用の仮歯、最終の精密審美義歯 総額 320万円

「起こりうるリスクやデメリット」

多数の歯の抜歯を伴う治療であるため、全身疾患をお持ちの患者様の場合は、担当の内科医との相談の上治療を行う必要があります。グラグラの歯を抜歯して精密な入れ歯を入れるため、よく噛めるようにはなりますが、入れ歯を入れた初期の頃は、違和感や発音の問題が起こる場合があります。治療が進むに当たり、微調整を繰り返 し、そのような問題は解消していきます。

19.部分入れ歯が歯周病でグラグラして噛めない状態を、精密入れ歯にて修復

症例
BPS精密入れ歯
年代
60代
性別
女性

治療前

上の入れ歯を引っ掛けている歯がグラグラして、痛くて咬めない、しっかりと噛める入れ歯を作りたいという御要望でご来院下さいました。残っている3本の歯は重度の歯周病で、もうグラグラでした。上下共に非常に歯茎も薄く、下の入れ歯も全く安定しておりませんでした。

治療後

グラグラの歯を抜いてすぐに、治療用の入れ歯を入れて頂き、歯茎の回復と共に衰えてしまった咬む筋肉のリハビリを行って頂きました。かなり薄い歯茎で、歯ぎしりするような咬み方をされるため、入れ歯を安定させるのは難しかったですが、治療用の入れ歯の調整を繰り返し、最終の精密入れ歯にて見た目も綺麗に若返って頂き、よく咬めるようになって喜んで頂きました。

「治療費用」

抜歯後の仮歯、リハビリ用の仮歯、最終の精密審美義歯 総額 160万円

「起こりうるリスクやデメリット」

多数の歯の抜歯を伴う治療であるため、全身疾患をお持ちの患者様の場合は、担当の内科医との相談の上治療を行う必要があります。グラグラの歯を抜歯して精密な入れ歯を入れるため、よく噛めるようにはなりますが、入れ歯を入れた初期の頃は、違和感や発音の問題が起こる場合があります。治療が進むに当たり、微調整を繰り返し、そのような問題は解消していきます。

20.部分入れ歯が歯周病によってグラグラして噛めない状態を、精密入れ歯にて修復

症例
BPS精密入れ歯
年代
50代
性別
女性

治療前

残っている歯が全体的にグラグラしていて、部分入れ歯が動いて咬めないのをなんとかしたい、という御要望で当院に来られた患者様です。様々な精密検査の結果、残っている歯が全て重度の歯周病で全て抜歯しなければならない状況でした。現状を説明致しますと、すぐに治療スタートの決断をされ、初診時に全ての歯を抜歯されました。

治療後

歯を抜いてすぐに治療用の仮の入れ歯を製作しましたが、すぐに総入れ歯も受け入れて下さり、早い段階で安定致しました。その後、長年咬めない状態で我慢されていた噛み合わせのズレや、咬む筋肉のリハビリを行い、落ち着いたところで最終の精密入れ歯を完成させました。
よく咬めるだけではなく、違和感もなく非常に口元も若返って頂き、かなり見た目に対しての御要望が強い方でしたが、ご満足頂くことができました。

「治療費用」

抜歯後の仮歯、リハビリ用の仮歯、最終の精密審美義歯 総額 210万円

「起こりうるリスクやデメリット」

多数の歯の抜歯を伴う治療であるため、全身疾患をお持ちの患者様の場合は、担当の内科医との相談の上治療を行う必要があります。グラグラの歯を抜歯して精密な入れ歯を入れるため、よく噛めるようにはなりますが、入れ歯を入れた初期の頃は、違和感や発音の問題が起こる場合があります。治療が進むに当たり、微調整を繰り返し、そのような問題は解消していきます。

お問い合わせはフリーダイヤルから

0120-4618-52

↓↓ 情報をチェック! ↓↓

blog

facebook

審美歯科

アクセス

Copyright(C) KINOSHITA DENTAL OFFICE. All Rights Reserved.